監守本能(自分のものを守ろうとする本能)

犬には自分が属する群れの領域や仲間を奪われたくないという本能があります。人間は昔からこうした本能を積極的に利用して使役犬としてならしてきました。牧羊犬でも外敵から羊を守る防衛専門犬種が多く知られています。 飼い主や仲間の犬に尿をかけたり、犬舎内の空の食器やオモチャを取ろうとすると威嚇する犬もめずらしくありません。こうした行為は、自己所有を顕示する行動です。

コメントを残す

メニューを閉じる